Course Test Managerファイルのインポート

Course Test Managerは、Course Technology社による「存続期間を終了した」ソフトウェアパッケージです。 現在、Course Technology社により、積極的には開発されていません。 Course Test Managerは、ExamViewと呼ばれる新たなテストマネージャに入れ替えられました。 しかし、CTMテストバンクからエクスポートされたフォーマットを、他の一般的なフォーマットに移管する方法が存在しません。 そのため、このモジュールが開発されました。

CTMから問題をインポートするには、あなたのWindowsマシンにCTMをインストールして、そのマシンのMS Accessデータベースにアクセスできるようにする必要があります。 データファイルにアクセスするには、2つのデータファイルが必要です:

  • System.mda - このファイルは、あなたのCTMのトップディレクトリに置かれ、MSアクセス用語「System Database」にて参照することができます。
  • ctm.mdb - このファイルは、テストバンクの問題を含むデータベースです。CTMにインストールされたコースそれぞれに、これらのデータベースが配置されます。あなたのインストール済みCTMの1レベル下のディレクトリに配置されます。

あなたがMoodleをWindowsまたはLinuxのどちらで動作させているかにより、インポートプロセスは若干異なります。 どのようなプラットフォームでMoodleが動作しているかに係わらず、テストバンクのインポート中、Accessデータベースを使用するため、あなたのMoodleシステムと同じネットワーク上にWindowsシステム (Windows 2000またはWindows XP) を配置する必要があります。

WindowsベースのMoodleシステムの場合、プロセスは若干容易になります。 CTMインポートクラスを使用する上で、あなたに必要なことは以下のとおりです:

  1. ファイルマネージャを使用して、system.mdaシステムデータベースをMoodleにアップロードします。 あなたがsystem.mdaをアップロードするのは、どのコースでもかまいません。アップロードされた場所に係わらず、Moodleがsystem.mdaを探し出します。
  2. あなたの小テストを作成した後、「ファイルから問題をインポートする」ページにアクセスします。インポートするファイルとして、あなたが選択したctm.mdbデータベースをアップロードしてください。 この作業に成功した場合、データベースからインポートするための、あなたが選択することのできる問題サブカテゴリが表示されます。 このステップが存在する理由は、しばしばCTMテストバンクが、本の章またはコースセクションをベースとした多数の問題カテゴリを含むからです。

LinuxベースのMoodleシステムの場合、CTMデータベースをインポートするには、ODBCソケットサーバと呼ばれる、サードパーティのソフトウェアコンポーネントをインストールする必要があります。 CTMデータベースをLinuxにインポートするには、最初に、あなたのCTMデータベースを含むWindowsシステムに、この小さなネットワークプログラムをダウンロードおよびインストールする必要があります。 ODBCソケットサーバのインストールで言及されるインストールステップに従わないでください。 それらのステップは、必要以上に複雑になっています! あなたのWindowsシステムに、このプログラムをインストールするには、代わりに、以下のステップに従ってください:

  1. Windowsシステムに入って、あなたがこのサイトからシステムにダウンロードしたファイルを解凍してください。
  2. あなたの永続的なディレクトリ、システムディレクトリ (恐らく、C:\WINNT\ または C:\Windows) またはProgram Filesディレクトリ内に、ODBCSocketServer.exeバイナリを入れてください。
  3. 以下のコマンドにより、システムのサービスとして、ODBCソケットサーバをインストールしてください:
    <上記ステップで、あなたがファイルをコピーしたパス>ODBCSocketServer.exe /Service
    あなたは、このコマンドを「スタート->ファイル名を指定して実行 ...」、またはコマンドプロンプトにより、実行することができます。
  4. 「スタート->設定->コントロールパネル->管理ツール->サービス」または「マイ コンピュータ」上で右クリックすることで、 サービスマネージャを開いてください。そして、右側のパネルから、サービスとアプリケーション->サービスを選択してください。 あなたは、「スタート->ファイル名を指定して実行 ...」にて、services.mscとタイプすることにより、サービスマネージャにアクセスすることもできます。
  5. サービスマネージャ内のODBCソケットサーバ上で右クリックして、スタートアイテムを選択してください。 あなたが選択した場合、ステータスが「開始」に変更されます。 インポート処理を終了した後、あなたは、このサービスを完全に停止または無効にすることができます。
  6. system.mdaおよびctm.mdb Accessデータファイルがマシン上にあり、MS Access ODBCドライバが存在していることを確認してください。 これは、標準的なWindowsにインストールされています。 あなたは、「管理ツール」内の「データソース」アイテムを開いて、「ドライバ」タブをクリックすることにより、MS Access ODBCドライバがインストールされているかどうか確認することができます。 あなたは、どこにCTMをインストールするか、system.mdaファイルおよびctm.mdaデータベースをどこに置くか、またはデータをインポートしたいデータベースを決定する必要があります。 WindowsサーバのIPアドレスまたはホスト名と同様に、これらのファイルへのローカルパスも記録してください。
  7. これで、あなたは、Moodleにテストバンクをインポートすることができるようになります。 あなたの小テストを作成して、「ファイルから問題をインポートする」処理に移動してください。 ここからは、LINUXで異なる部分です - インポート処理を開始するため、あなたは、アップロードフィールドでダミーファイルを指定する必要があります。 このファイルは処理されず、インポートフォームの仮の入力値 (placeholder) となるだけです。 次にあなたは、Windowsサーバ情報を指定する場所へ移動します。そして、次にあなたは、システムおよびテストバンクデータベースのパスと同様に Windows ODBCソケットサーバマシンのホスト名を入力することができます。 あなたが前のステップで入力した情報をここに入力して、「サーバに接続する」をクリックしてください。 すべてが正しく設定された場合、あなたがデータベースからインポートすることのできる、問題サブカテゴリを選択するフォームが表示されます。 このステップが存在する理由は、しばしばCTMテストバンクが、本の章またはコースセクションをベースとした多数の問題カテゴリを含むからです。 このステップにエラーなしに到達できた場合、あなたは、ソケットサーバを正しく設定できています。そして、あなたは、Moodleに問題をインポートすることができます!

この処理中にエラーメッセージが表示された場合、この技術情報が有益だと理解できるでしょう。 クエリがクエリ結果用のXML結果テーブルを利用できるようにするため、ODBCソケットサーバは、XMLソケットのオープンにポート9628を使用します。 インポートクラスは、私がインポートするために使用するローカルクエリのように、XMLを構文解析して使用します。

全ヘルプファイルのインデックス
このヘルプを次の言語で表示する: English